無理しないで通える距離にある個別指導塾

交通アクセスが良い塾を選ぼう

継続して個別指導塾に通うためには、無理しないで通える距離にあるところを選ぶと良いです。何故なら通塾の時間が長くなるほど、子ども達の負担が大きく、長続きしない可能性があるからです。物理的な距離の近さもそうですが、駅の近くなど、交通アクセスが良い個別指導塾がおすすめです。例えば学校の最寄り駅近くにある個別指導塾であれば、学校帰りに寄ることができます。また、電車通学している生徒であれば、自宅の最寄り駅近くにある個別指導塾でも良いでしょう。なるべく通塾時間を減らすことで、1日の限られた時間を有効活用することが重要です。個別指導塾によっては休日に自習室を開放しているところがあります。交通アクセスが良い個別指導塾ならば、休日でも自習室で勉強しやすいです。

駐車場の広い個別指導塾

地方にある個別指導塾の場合、最寄駅から少し距離が離れているところも少なくありません。近所であれば自転車を使って通塾することも可能ですが、少し距離があるときは保護者の送迎が必要となります。そうなると駐車場の広い個別指導塾の方が、子ども達を送迎しやすいというメリットがあります。授業が終了する少し前までに個別指導塾にやってくる保護者も少なくありません。駐車場が広ければそこで待機することができますが、狭い駐車場だと他の保護者の迷惑にならないかと気を遣ってしまいます。駐車場が狭いと周辺の広いスペースに車を停めて、子ども達を待たなければなりません。子ども達の送迎しやすさという観点から、個別指導塾を選ぶというケースもあるのです。

中高一貫校では、普通の公立高校に比べ、授業の進むスピードがとても早いことが特徴的です。そんな授業についていくために、中高一貫の塾に中学生の頃から通い始める学生がいます