個別指導塾はわからないことを聞ける

学校の授業で分からない所があるとき

学校の授業で分からないところがあるなら、授業中に聞けなくても後で先生に聞くことで問題を解決できます。ただ恥ずかしがり屋の生徒だとなかなか質問に行けないでしょうし、怖い先生だと恥ずかしがり屋でなくても行けないときがあります。分からない部分がそのままだとその先の勉強に影響する可能性も出てくるでしょう。そこで利用したいのが個別指導塾で、こちらであれば分からない部分をどんどん聞けます。使う教材が決まっていない塾なら学校の教科書を持ってきてもいいので、授業で分からなかった部分を示して聞けば教えてもらえます。同じ内容でも学校の先生と塾の先生では教え方が異なるときもあり、塾の先生の方がより分かりやすく教えてもらえるかもしれません。

自分で新しい分野の勉強をするとき

小学校では全生徒に対して私立中学に向けた授業をするわけではありません。中学受験では小学校で習った内容からしか出ませんが、小学校の授業を受けるだけで合格レベルにするのは難しいのが現状です。そのため一定の対策が必要になり、自分で学校の授業以外の勉強をしないといけません。個別指導塾であれば勉強したい教材を持って行き、それに対応した指導が受けられます。中学受験用の問題集や参考書を利用すると学校では習っていない内容もあり、わからない部分も多く出てくるはずです。分かる部分は自分で勉強して、わからない部分があるときは先生に聞きながら勉強を進められます。教科の内容だけでなく中学受験に必要な勉強の仕方なども聞け合格への道筋を作ってくれるでしょう。

有名私立中学など自分が目指した中学校に入学するために、受験のノウハウや傾向などを把握し分析をした中学受験の塾に通う人はいます